環境と音の関係性を観察する

音楽や音は人にどのような影響を与えるのか。
心地よいと感じる音楽や、テンションの上がる音楽がある一方で、退屈に感じる音楽や不快になる音楽まで、音楽には不思議な力が宿っています。

僕は20代の頃、DJをしながらこれらの疑問に答えてくれる書物を探しました。あれから10年以上たっていますが、謎は深まるばかりで今も神秘的な存在として音楽がそこにあります。今後DJをすることもないと思う(?)のでダンスミュージック以外に的を絞って掘り下げています。

写真にアップした書籍は音楽に関する内容が書かれているもののアプローチの異なる本です。

音楽の認知心理学 著リタ・アイエロ

僕たちは音をどのように知覚しまた認識しているのか。人工知能を考えるうえで認知心理学の期待は大きいと思いますし、並行して音楽の認知心理学も今後の数年〜数十年で急速に発展するんじゃないかと思っています。残念なのは内容が難しすぎて半分も理解できなかったところ。それは本のせいではありませんが、今はもっと分かりやすく最新の研究が記された書籍がありそうな気がします。
心や感情といった漠然とした概念でしか認識できなかったことが、1つ1つの事例をあげ、細かく分けて検証していく、科学や学問に身をおく方なら当然のことなのかもしれませんが、その発想自体が素晴らしいヒントであったのは確かです。

星界の音楽 著ジョスリン・ゴドウィン

恐らく上の本と一緒に読もうと思う人は少ないかもしれません。ピタゴラスやフロイトが研究していた神秘の世界は、今も音楽に存在していると僕は思っています。音楽の秘教的世界に興味があればオススメの1冊です。

と、いつのまにかレビューになってました。
この本を読んでいた頃、一般的にもDJは認知されてきた頃でクラブ以外にもカフェなどのスペースでもDJプースを設置しているお店などが増えた時期です。クラブでどうやって踊らせて楽しませるかに疲れていた僕は、ダンス以外の音楽の魅力とその可能性に惹かれていきました。ラウンジDJという言葉があります(ました?)が、僕にとってそれはDJが市民権を得て独り立ちした最初の出来事だったのかもしれません。

僕が今興味を持っているは静的な音楽の作品群です。
これらの作品の中で、例えばエリックサティの家具の音楽、ブライアンイーノの空港のための音楽、最近では日々の生活に穏やかに調和する音楽としてKITCHEN. LABELなどがあり、具体的な状況や場所が想定して制作されているものです。

その中で「サウンドスケープ」という概念はこれらを結ぶヒントになっているのではないかと思います。

作曲家 M.シェーファーが提唱する概念で,「音の風景」を意味する造語。騒音などの人工音,風や水などの自然の音をはじめ,社会を取囲むさまざまな音環境の総体をさす。それは地域や時代,季節,時間などによって変化し,どのように人に聞こえるかは,その場合によってそれぞれ異なる。

引用元:サウンドスケープ

例えば山奥で集音したものを、オフィスビルのスピーカーから流すと人は何らかの違和感を検知するように、聞く場所や状況でも受け取る音の印象は変化します。

具体的な音楽作品と場所の関係性については、学術的な研究でもまだまだこれからだと思いますが、直接人体に影響を及ぼすものなのならば、理屈はわからなくても体験的に知ることは可能です。
エリックサティの家具の音楽、ブライアンイーノの空港のための音楽などもきっとそのような体験が反映されたものではないかと思っています。

部屋のスピーカーや車での移動中など、いろいろな環境で音楽を聴ききながら自分を使って観察してみる。お店、デパートなどでBGMと一緒に観察してみる。日常から聴こえてくる音を意識的に観察してみる。
環境と音の関係性を観察して新しい発見があればいいなと思います。
まずはこの辺から見直していきたいですね。

匿名SNSがもたらすもの

クローズド型ソーシャルメディア、匿名SNSがじわじわ勢力を伸ばしているという話。
日本ではmixiがあるので今更???って気もしなくもないですが、SNS疲れを踏まえた現在の形なのかもしれません。

日本での匿名サイトというと、出会い系の殺人、2chの殺人予告などネガティブなニュースが多いのですが、今日はメリットや必要性について考えてみたいと思います。

日本人は関係性を重んじる

西洋人は対象となるそのものを重視するのに対し、東洋人関係性を重視するそうです。

日本では関係性を大切にする反面、本音が言いにくい文化であることは誰しも感じているところです。
「お陰様で」という日本語も、関係性の上に自分が成り立っていることを表す言葉。
日本人として美しくも理想的な在り方です。

これは、他者との関係の中で自分自身が生かされているという哲学。
もっと簡単に言えば思いやりを大切にする文化ですよね。
風が吹けば桶屋が儲かる」のことわざも、そんな日本人の感覚が端的に表現されたものに思います。

しかし理屈や道理、本能、欲求は必ずしも一致するものでありません。
今もタバコを咥えながらブログを書いてますが、わかっちゃいるけど止められないってのもまた人間なんですよ。

関係性を大切にする文化だからこそ、本音と建前が存在してしまうし、時には酒を呑みながら腹を割って話そうとなる。
匿名SNSはアジア圏にこそ必要なコミュニケーションツールだと僕は思っています。

また、インターネットの素晴らしいところは、世界中のあらゆる情報がいつでも取り出せることです。
建前だけでは人の情報の半分でしかないですし、もう半分の本音があって「人間」だと思うので、偏った情報にならないという意味においても重要な役割があるんじゃないでしょうか。

今後、匿名SNSが広まるかは不明ですが、流行すればきっと見えてくることがあるだろうなぁと思います。

問題解決能力テストなのに先に解答を見てしまった。

A Quick Puzzle to Test Your Problem Solving – The New York Times
というサイトがGunosyから入ってきたのだけれど、問題を解く前に答えを見てしまった(涙)

英語が読めるようになりたい〜。
Gigazineの記事を参考に、英語が読めないけどパズルをやってみたい方へご説明しますと、このパズルは問題解決能力を調べる簡単なテストです。
パズルサイトを開きながら実際にチャレンジしてみてください。

(1) 数字の規則性を導き出てください

2,4,8
3つの数字から規則性を推測してください。

(2) 導き出した答えを入力してテストしてください

名称未設定-2

(1)で導き出した規則性が正しいかテストしてください。
規則性が合っていれば「Yes!」の文字が表示されます。
正解すると更に入力欄が表示されますので、他の規則性を見つけたら再度テストしてください。

(3) 最終的な答えを英文で入力してください

英語が分からないとこの欄が一番難しいw
最終的に導き出した答えを書く欄なのですが、覚えておいて解説ブログを覗いてみてください。
あえて答えは書きません。

Gigazine:あなたの問題解決能力をテストするパズルで学ぶ「確証バイアス」

僕は詰め将棋を解くのが好きなんですが、実戦では詰め将棋に出題されるような盤面はほとんどないんです。
詰め将棋が「作品」と呼ばれるのもその辺の理由があるからだと思いますが、詰め将棋に限らずテスト問題と実際は別な話だったりするんですよね。

Gigazineではそういった人の心理などについても詳しく解説されています。
簡単なテストですが示唆に富んだすばらしい問題だと思いました。
このエントリーを読んだ方は僕の代わりに是非チャレンジしてみてください。

MICHELIN Primacy 3が届いた

布団でウトウトしていたら宅急便でタイヤが届いた。
MICHELIN Primacy3。

ミシェランなのかミシュランなのか発音に迷います。
今日は雨が降っているので、室内に入れたんですけど土足で家に迎え入れた気分。
新品の靴だと思えばまあいいかw
ってか昨日注文したばかりなのに届くの早いっす。

今履いているのはゴルフの標準タイヤでContinentalのSportcontact2。
タイヤに金属がめり込んで切れ目が入っていたり(もちろん取り除きましたが)、溝もかなり減ってるので交換時期なんです。
気分的に高速は走りたくないなーという感じ。

先代もゴルフなんですが、MICHELINのENERGY SAVERに履き替えた時の印象がよかったんですよ。
ネットで買えば同じぐらいの金額でPrimacy3が装着できることが分かりポチッと逝きました。

タイヤのことをつらつらと買いてますが、車のことは全然わかりません。
ネットで調べてタイヤは2015年製、ドイツ製ということは確認。
MICHELINはフランスのメーカーなのでフランス製だと当たりらしい。
この辺はレコードも同じですねw

ということで今度こそ寝るぞっ!

オーディオをちょっと変えて、音楽をリフレッシュ♪

僕はレアグルーヴ世代でずっと追いかけてきたけれど、ここ1年近くは探すことはおろか聴くことも少なくなってました。

Youtubeの動画は
アーティスト名:Shamrock
アルバム名:Shamrock
曲名:Shamrock
というネットでは一番検索しにくいパターンの作品。
2013年に再発されているようですが、オリジナルで欲しいですね。

レコードを聴きながらパソコンの作業も出来るんですが実は結構面倒くさい。
シングルなら3分ぐらいで終わっちゃうので論外、LPでも片面25分程度です。
それにアルバムを通して聴きたい作品なんてあまりないんですよね。
レコードに作業時間をとられて、パソコンに集中できなくなってしまいます。

iTunesやYoutubeで音楽を楽しむために先日少しだけバージョンアップしました。

オーディオインターフェイスにApogeeのDuet for iPad & Macを接続。

Apogee Duet for iPad & MacとAUDINST HUD-mx1

写真(右)にあるのは同じくオーディオインターフェイスのAUDINSTのHUD-mx1。
ざっくり比較すると、HUD-mx1は音の輪郭がスッキリしたサウンド。
トーストと目玉焼きを頬張る午前中の気分って感じ。
音楽だとミナス系のサウンドとか、軽音楽とかが僕的にはベストマッチです。

一方のDuetの方は、ある意味のアメリカンサウンドを受け継いでいると思います。
刺激的というよりは、音像が大きくなって割腹のいい音。
どっしりした大きめのソファー座ってステーキを頬張るような感じ。
iTunesでレアグルーヴやソウルを再生するにはDuetの方が合ってると思います。

そして、SONYのミニコンポも少し変更。
使い道の無くなったAudiolab 8000Aにアンプをチェンジしました。

AUDIOLAB 8000A

このアンプは80〜90年代のロックやキザなAORなんかをかけるとバッチリはまります。
でもこの手のサウンドはあまり聞かないのでお蔵入りしてました。

ということで、ぼんやりしてた音がだいぶくっきりして作業中にテンション上がりまくりです。
新しい音楽を追いかけてネタが切れてきたら、オーディオに手を入れみるのもいいんじゃないでしょうか。