少年であった僕、大人になった僕

昨年、40代になりましたがお腹が出てくるなどの身体的な要素はさておき、精神的な部分の変化も気になるようになってきました。

一言で鈍くなったんです。

「何を見ても何をやっても感動しなくなった自分に気がつくだろぅ〜♪」と歌ったかまやつさんの歌詞が重くのしかかってくる。

僕は高校生の時、一生続ける趣味として音楽を聴き続けようと決めました。当時、1万円近くするレコードなんてやっとの思いで手に入れて、まるで宝物のように扱い、溝の端っこから端っこまでくまなく耳を研ぎ澄ませていたのに、今じゃレコードを買って、針をトントンと飛ばしながら聞いて終わりなんてことも結構あります。

市場価値や今後の動向を見て「このレコードなら持っていても損しないな」なんて思いたいして好きでもない音楽を買ってしまったり、逆にお金を出してでも欲しいレコードというものもほとんどなくなってしまい、数万円叩いて買ったレコードであっても以前のような音楽的感動は得られなくなっています。

だからと言って音楽を聞くのをやめようとは全く思っていませんが、音楽の向き合い方を変えながら、以前とは違った角度で楽しんでいければいいのかなと思っています。若い時期にはあまりにも音の影響力が大きかった分、その世界から抜け出せなくなっていましたが、今は音への出入りが自由にできる分、新しいことに挑戦できる場所にようやく立てたという感じがします。

ただ、40代というこの年齢。
鈍い、自分の感度が非常に鈍いわけです。
寒い日には、1日こたつに入って終われる自信あるみたいな。

そこで昨年手にしたのが、エアガンです。
ウエスタンアームズ製、デルタフォースカスタム バトルダメージ

エアガンなんて小学生の頃遊んだ程度で、詳しいことは分かりません。当時ガスガンを持っている近所のお兄ちゃん達を見て「スゲェー」って思った記憶ぐらいで。

そのリアリティと迫力に憧れた少年の僕の瞳。
右も左もわからず、ただ純粋に惹かれるものへ飛び込める少年の魂。
40代となった僕がその夢を叶えてやろうじゃないか。

それから1ヶ月ぐらいはどんなガスガンが市場に出回っているのかネットで調べまくる毎日。当時からハンドガン以外は興味がなかったので、ハンドガンのガス式のみに絞りました。

あらためてエアガンを見てみると、実銃をモデルにしたものが非常に多いことがわかります。1911シリーズ、ベレッタ、SIG、グロックなどなど、まるで本物の銃を持ったような疑似体験を合法的に味わうことができるということでしょうか。調べれば調べるほど、実銃よりエアガンで実装する方が難易度高いよなと思う構造になっていて驚くばかりです。

少年であった僕を呼び起こしながら、大人になった自分が共鳴できるポイントを探すイメージで心赴くままに情報収集しましたが、その過程はとても楽しいものでした。もう、実物を手にしない方が楽しみが永続するんじゃないかって大人になった自分が考えてしまうほど、ネット越しにみるエアガンの画像に心が踊っていました。

大人になって、原因と結果の因果関係がよく見えるようになり、こうすればああなる。という方法論が確立されてしまう中、その方式を知りたいと思った原因までたどっていけば、理由なき純粋な精神があったし、理由なき純粋な精神を失えば全ては虚しさしか残らないんだとあたらめて感じました。

その後、銃口を収めるケース、ハンドガンケース、BB弾やガスなどを買いましたが、実は数えるぐらいしか打っていません。ガスガンは寒さに弱いというのもありますが、ひっそりと少しづつ続けようかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です